広島市西区上天満町 パーソナル&ボディメンテ

ココフィールド広島

営業時間:11時~20時 定休日:月曜日

ご予約はこちら

082-533-6511

広島市西区上天満町10-27 SKビル3F

ブログ

どっちが太りやすい?


ブログ:2021年09月18日(土)の投稿「どっちが太りやすい?」

こんにちは!
パーソナルトレーナーの成島大輝です!


「お寿司と焼肉ってどっちが太りやすいんですか?」


よく聞かれる質問です。


お寿司と焼肉


大多数の方が、
好きな食べ物なので、


単純な疑問として浮かびやすい
ですよね。


お寿司と焼肉はどっちが太りやすいのか


考察していきましょう!


お寿司と焼肉どっちが太りやすい?


お寿司と焼肉はどっちが太りやすいのかを
考察する前に大前提として、


糖質よりも脂質の方が太りやすい


ということを抑えておきましょう。


よく、

お寿司のシャリは糖質だから、
お米を食べなければ焼肉の方が太りにくい


言われる方もいらっしゃるのですが、


糖質は4kcalなのに対して脂質は9kcalと、
倍以上のカロリーがあります。


また、単純に、

糖質はエネルギーとして溢れたものが
脂肪に変わるのに対して、

脂質は、直接脂肪に変わる性質があるので、


栄養素の性質上から見ても、
脂質の方が太りやすいといえます。


それを踏まえたうえで、
お寿司と焼肉の太りやすさを考察していきます。


まず、お寿司の代表的なネタであるマグロですが、

くろまぐろの赤身であれば、

刺身サイズ4切れで
脂質が約1gと

かなりヘルシーです。





対して、焼肉でよく食べられるハラミは、

焼肉サイズ1枚で、
脂質が約6gと


マグロと比べるとかなり
脂質が高いですね。


刺身サイズが4切れであれば、
お寿司だと2貫程度の量になるはずです。


つまり、


ハラミ1枚の脂質は、

マグロのお寿司(ネタのみ)12貫分に相当し、


シャリを含めても、
圧倒的に焼肉の方が太りやすいと言えますね^_^;





ネタ、お肉の種類によって
栄養素が違いますが、


基本的に、
焼肉の方が脂質が高くなりやすいです。


おわりに


脂質の高い焼肉は、
脂質の低い魚を使う寿司よりは、
太りやすくなります。


シャリの糖質を考慮しても、
総カロリーも焼肉の方が高くなると思います。


ですが、ダイエット中の場合、

お寿司も焼肉も、
食べ過ぎると太りますし、


お寿司の中でも、
脂質の高い寿司ネタはたくさんあります。


ダイエット中に、
これらの食品を食べる場合は、


脂肪に変わりやすいことを理解し、
我慢せずにしっかり食べることを
おすすめします。


中途半端に我慢をして、
またすぐに食べたくなると、


ストレスが溜まり、
ダイエットが上手くいかない
可能性もあります^_^;



お寿司と焼肉、

基本的には、お寿司の方が
太りづらいですが、


どちらも、他の食品に比べると
太りやすいです!


食べるときは、我慢せずに食べ、

日常の食事を調整していきましょう!


それではまた!

お問い合わせはコチラ

ご予約はこちら

082-533-6511

広島県広島市西区上天満町10-27 SKビル3F

営業時間:11時~20時 定休日:月曜日

(時間外のパーソナルもお気軽にご相談ください)

お問い合わせはコチラから
広島のパーソナル&ボディメンテ(機能・姿勢改善/痛みの緩和/ボディメイク/ダイエット)【COCO FIELD(ココフィールド)】 LINEのQRコードID:@coco-h