広島市西区上天満町 パーソナル&ボディメンテ

ココフィールド広島

営業時間:11時~20時 定休日:月曜日

ご予約はこちら

082-533-6511

広島市西区上天満町10-27 SKビル3F

ブログ

【どれがいいの?】パン・白米・玄米


ブログ:2021年05月07日(金)の投稿「【どれがいいの?】パン・白米・玄米」


こんにちは!


トレーナーの成島大輝です!


先日、お世話になっている知り合いの方から、
お米をいただきました。


その方は、広島の世羅町出身で、
実家で作っているお米をくれるとのことで、


いただいた、その日に
すぐ食べたのですが、


「お米って素晴らしいな」って
感動するほど、


とても美味しかったです!!


残りもすぐなくなりそうです^_^;






さて、そんな白米大好きな僕ですが、

よく、

「ダイエット中はパンよりお米だよね?」

「白米より玄米の方が良いんだよね?」

って聞かれます。


賛否両論ありますが、

今日は、ダイエット中の
「炭水化物」について


科学的根拠に基づいた
僕の考えを書いていきます!



まず大前提として、


パンも、白米も、玄米も
大した差はありません!


栄養素的には、ほぼ同じです!


この3つを細かく分けるとすれば、


糖質の含有量

GI値

で多少の差異は生じます。



糖質の含有量につて


まずは、1食で食べる
各食品の糖質の含有量を見ていきましょう。


食パン1枚(60g)ー糖質28g

白米しゃもじ2杯(100g)-糖質37g

玄米しゃもじ2杯(100g)-糖質37g


以上が各食品の糖質の含有量になります!



「え?」

「食パンの方が糖質低いやん」

って思いますよね!


g数が違うので、
食パンの方が糖質が少ないのは当たり前ですが、


多くの方が、1回の食事で
食べる量(食パン1枚、お米しゃもじ2杯分)なら、


食パンの方が糖質量は低いんですよね!






しかし、だからといって、
お米をパンに変える必要はありません!
(変えても変えなくてもどっちでも良いです。)



炭水化物は、
厚生労働省の定める基準で、


最低1日100g必要

とされていますので、


食パンでも、白米でも、玄米でも
しっかり三食食べれば問題ありません!


それくらいであれば、
脂肪に変わることはありませんし、


むしろ、最低でも
それくらいの量を食べなければ、


筋肉量の減少・体脂肪の増加に
つながるかもしれません!


下記記事を参照してください。
↓   ↓   ↓   ↓

食べなければ痩せるんでしょ?⇒それ痩せてません!


何も食べてないのに脂肪がつく!?【間違ったダイエット】



炭水化物は、
摂りすぎても、
摂らなすぎてもいけませんからね!



ただ、今回は、
食パン単体で、お米と比べているため、


食パンに、バターやマーガリンをつけたり、
菓子パンや、バター練りこまれているクロワッサンなどは、


脂質が高くなり、
ダイエットには不向きになります。



あくまで、

食パン、白米、玄米の糖質量はほぼ同じ
だと

覚えてもらえればいいです!



長くなったので、
食物繊維については次回お伝えします!



ではまた!

お問い合わせはコチラ

ご予約はこちら

082-533-6511

広島県広島市西区上天満町10-27 SKビル3F

営業時間:11時~20時 定休日:月曜日

(時間外のパーソナルもお気軽にご相談ください)

お問い合わせはコチラから
広島のパーソナル&ボディメンテ(機能・姿勢改善/痛みの緩和/ボディメイク/ダイエット)【COCO FIELD(ココフィールド)】 LINEのQRコードID:@coco-h